簿記3級を持つメリット

 

簿記3級を持つメリット

簿記3級は会計関連の会社に就職することを目的とする人以外にも取得するべきだとよく言われます。

 

しかし、あまりにも商業関連のことと縁遠い仕事や教育を請けてきていると簿記3級を持っているメリットを実感することはあまりないということがあるのです。

 

そこで簿記3級を取得することによって得られるメリットというのを少しあげてみたいと思います。

 

まず職業的な必然性について確認しておくと簿記3級は何か特別な配慮を受けることの出来る資格なのかといえば、絶対に違うとはいえませんが、まず優遇されることはないでしょう。しかし、それでも簿記3級を取得するメリットというのは資格としての面ではなく、それが可能であるというアピールポイントとなるという点です。

 

大学においても簿記は重要視される傾向にありますし、就職活動や転職で追っていて損のない資格でもあったりするためです。実際に経済的な活動を行うのには事務仕事としての会計処理などが必然となってきますから、それが出来るかどうかでもスタート地点が大きく違ってくるのです。